お金貸してくれる所

\[PR]お金貸してくれる所なら/

トップページ > 沖縄県

「急な冠婚葬祭で金欠…」
「給料日前でお金がピンチ…」
「引越し費用が足りない…」


沖縄県でお金を貸してくれる所をお探しの方へ。

こちらでは緊急でお金が必要な方のために、沖縄県内で今すぐお金を貸してくれる所をご紹介しています。

お金を貸してくれる掲示板は危険?

最近ではお金を貸してくれる個人間融資掲示板があり、お金を借りたい人と貸してくれる人が掲示板を使ってWeb上でやりとりできるようです。

しかし、お金を貸してくれる人というのは実は闇金である場合が多く、掲示板でのお金の貸し借りはとても危険です。

一度連絡を取ってしまうと個人情報(携帯電話の連絡先など)が漏れ、悪徳業者からの電話が耐えず来るようになるなど被害情報が報告されています。

お金を貸して欲しいなら、大手金融機関が安心安全!

お金を貸して欲しいという方には、安心安全に借りれる大手金融機関を利用することをおすすめします。

なぜなら、最近流行っている個人間融資の場合には、法律で上限金利が年109.5%と定められていて、10万円借りた場合には最高9,000円の利息がかかってしまいます。

比較的金利が高いとされる消費者金融の場合でも、金利は年18%前後となっているので、掲示板でお金を貸してくれる人が見つかったとしても、高い利息を払わされる可能性は高いです。

また、利息なしで貸してくれる人もいるようですが、闇金や悪徳業者の可能性大!どこでお金を借りるのが良いのか、借入前にしっかり見極めるようにして下さい。

\今すぐお金を貸してくれる/
[PR]おすすめの借入先はこちら

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短3分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • 最短3分で融資も可能
    お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    沖縄県の派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある18歳以上74歳以下の方ならお金が借りれます(※但し、収入が年金のみの方はお申込いただけません。)ただし、お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。また、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

本日中に借りるなら21時まで!
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%1万円~800万円最短20分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 申込から借入まで最短20分で完了(本日中に借りるなら21時まで)
    ※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    沖縄県の派遣社員、契約社員の方はもちろん、成人以上の学生(高校生を除く)や主婦でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 初回は最大30日間無利息
  • PC・スマホで今すぐ申し込みOK

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐ申し込みが可能。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」を用意してください。
顔写真がない書類の場合には「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要となります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

【返済について】
アコムは、契約時の借入限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。
たとえば、限度額50万円で10万円借りた場合、毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

\最短18分で融資OK/
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%1万円~800万円

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
  • 今日中に借りれる
    お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
  • はじめての方なら契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス
  • 派遣・契約社員も借りれる
    沖縄県の派遣社員、契約社員の方はもちろん、満20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます(※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で審査基準を満たす方)

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

まとめ

今すぐお金が必要な方のために、おすすめの大手消費者金融3社をご紹介しました。

銀行カードローンの方が金利が安いと言われていますが、3万円だけの借り入れであれば、大手消費者金融を利用した方がお得で早いのでおすすめです。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しアコム社・プロミス社・アイフル社から委託を受け広告収益を得て運営しています

沖縄県の方向けお金貸してくれる所Q&A

こちらでは、お金を貸してくれる所をお探しの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

どこでお金を借りたらいいのか分からない、安心安全な借入先を探している、という方は、良ければこちらの情報を参考にしてみて下さい。

Q. 最近ネットでよく見かける「お金貸します掲示板」って、本当にお金貸してくれるんですか?

A.闇金や悪徳業者が貸す側となっていることが多く、便利ゆえに信用に欠けるところはあるようです。

インターネット上でお金の貸し借りができる「個人間融資」で大事なのはお互いの信用です。本当にお金を貸してくれたとしても、違法な利息を請求されたり、個人情報を悪用されたりすれば、それは犯罪となってしまいます。

また、はじめてお金を借りる方、借入審査が不安な方には、公式サイトにて気軽に仮診断を受けることができるのでおすすめです。

貸して欲しい側と貸す側の合意があっても法律上は違反になるので、お金を貸してくれるところは慎重に選ぶことをおすすめします。

Q. どうしてもお金が必要です。必ずお金貸してくれる所なんてありますか?

A.実際、誰にでもお金を貸してくれる所は存在します。

もしそこが「審査なし」「利息なし」で誰でも借りれる所なら、それは違法な悪徳業者かもしれません。誰でもお金が簡単に借りれるほど、世の中は甘くないという事です。

甘い誘い文句につられて気軽にお金を借りたら最後、取り返しのつかない事態になってしまうかもしれません。十分注意してください。

ちなみに、こちらでご紹介している大手消費者金融のプロミスアコムアイフルの場合、誰にでも必ずお金を貸してくれるわけではないですが、アイフルは満20歳以上でなおかつ安定した収入がある方であれば申込条件をクリアできます。パートやアルバイト、派遣社員や契約社員の方でも申し込める条件となっています。

Q. 無職でもお金貸してくれるところはありますか?

A.残念ながら闇金や悪徳業者以外では、無職の方への融資は行なっていません。

銀行カードローンや消費者金融のカードローンは、無職では借り入れすることができません。申込条件の一つとして「安定した収入があること」を条件としているからです。

特に消費者金融では、多重債務を防ぐ目的として借入額の上限が年収の3分の1以下と法律で決められています。収入のない無職の方の場合には、1円も借りられないという事になります。

お金の貸し借り基礎知識コラム

実際に、キャッシングで融資を受けるためには、何よりも先に申し込み手続きを済ませなければなりません。

その後に業者が審査します。

無事に審査に合格すれば、ようやく融資を受けられます。

融資の受け取り方法を銀行振込にした場合、銀行の営業時間内であれば、すぐにご自身の口座に貸付金が振り込まれると思います。

銀行の営業時間外や現金でのキャッシングを希望している場合は、最寄りの自動契約機を操作してカードを発行してもらい、そのカードを使えば隣に設置されたATMからお金を借り入れることができます。

誰でもそうだと思いますが、キャッシングを使っていることは、あまり知られたくないものだと思います。

仮に、共に住んでいる家族や同居人にも言えないというケースでは、キャッシングカードや業者からの連絡が家族に知られるような事態は避ける必要があります。

具体的には、カードの受け取り方法は郵送ではなく、自動契約機を使った受け取りを選択します。

そして、審査通過後に最寄りの自動契約機を操作すれば、カードを手に入れられるので、自宅に届く心配はありません。

また、郵便物については、そのキャッシング業者に連絡をすれば、自宅に送らないような措置を取ってくれます。

業者側も、こうした秘密にしたいニーズがあると分かっているので、キャッシングの不安を解消するために、細かな問題にも対応をしてくれます。

前に、30万ほどをキャッシングで借入したいと申込んでみたのですが、断られました。

想像するに、まだ職に就いて日が浅いということもあり、そこまで信用がなかったのだろうと思うので、原因はそれだと思います。

仕方なしに、10万円にまで引き下げることにし、その金額だと大丈夫だと言われ審査を通りました。

カードローンの契約で多くの場合、必要な書類は身分証明書だけで良いです。

もし、50万円以上の借入を行う場合や、定期的な収入がある職業ではない場合、一緒に収入があったことを明らかにする公的書類も必要になるでしょう。

また、一般的に電話で行う在籍確認を書類提出などの電話以外で済ませる為には、その用意も欠かせません。

今の借入先よりも低い金利の業者への借り換えは、かなり効果のある手法です。

それに、複数の借入先があるのなら、一本にまとめることが借り換えで行えるのなら、その方がいいです。

一本化を行うことでお金を返すところが一つになるため、返済管理がとても簡単になり、高額の借り入れをすることでこれまでよりも金利が低くなることも考えられます。

学生の時と違って社会人になると、様々なしがらみで飲み会に参加したり、友人の結婚式の祝儀や葬儀の香典など、思わぬ出費に困ってしまうこともあるでしょう。

誰かから借りようと思っても、借金の申し出は言いにくいものですし、それまで築いてきた関係性が壊れてしまうかもしれません。

こういった場合には、キャッシングの利用を検討してみてください。

キャッシングであれば、個人的にお金を工面できるので、安心感があります。

きちんと返済できるのであれば、キャッシングサービスを利用するのが、一番良いと思います。

現金が必要な時にとても便利なキャッシングですが、キャッシングの利用にあたっては厳しい審査にパスする必要があります。

諸々の条件やローンの利用状況などが原因で評価が厳しくなると、落ちてしまうケースも珍しくありません。

その理由としては、希望額が大きすぎて、総量規制に引っ掛かっている場合や、以前のローンの延滞が問題視されることが多いです。

中でも、滞納した記録は情報機関に5年から10年は残ると言われているので、こうした経験がある場合は一定期間が経つまでキャッシングの審査に通過しにくくなります。

簡単な手続きですぐにお金が借りられるキャッシングは、その利便性の高さが知られるに伴って、ネットに強い若者を中心に人気が高まっているようです。

いわゆる消費者金融や信販会社のみならず、銀行系のキャッシングサービスやクレジットカードでキャッシングできるタイプのものもあって、生活に溶け込んでいると言えます。

その一方で、キャッシングが身近な存在になってしまったからこそ、返済の見通しが甘くなってしまい、負債を抱えてしまう人もよくあるのです。

当たり前のことですが、キャッシングのお金は絶対に返さなくてはいけません。

そのことを忘れずにご自身の収入ではないことを肝に銘じておきましょう。

使用目的が何であろうと金銭を借入れられることがカードローンの優れたところと言えるでしょう。

申込時の資金使途欄には、例えば予想外の出来事で急に入用だというような日常のイベントが目的でも構わないのです。

ただし、返済能力が著しく低く思われる内容は使わないようにしましょう。

他社から借入れている分の「返済資金」は認められません。

それではどこも契約をしてくれないでしょう。

改正された貸金業法に基づいて、金融機関が設定するキャッシングの金利がそれまでよりも引き下げられていますが、それ以前の借り入れがある場合には、利息を払いすぎの可能性があります。

時効の前に動かなければなりません。

自分が返済した金額と金利をよく思い出し、完済後でも返済中でも一日でも早く無料相談などでもいいので、専門家の判断を仰いで、返還請求が一日でも早くできるようにした方がいいです。

沖縄県の方向けお役立ち情報

\お金を貸してくれる所なら/
[PR]即日融資NO.1のプロミス

安心の低金利
最短3分の即日融資
↓ ↓ ↓
240×120スマートフォン用
>>プロミス公式へ<<
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

沖縄県で今すぐお金貸して欲しいなら↓

最短1時間