お金貸してくれる所

\[PR]お金貸してくれる所なら/

トップページ

「急な冠婚葬祭で金欠…」
「給料日前でお金がピンチ…」
「引越し費用が足りない…」


そんな緊急でお金が必要な方のために、こちらでは今すぐお金を貸してくれる所をご紹介しています。

お金を貸してくれる掲示板は危険?

最近ではお金を貸してくれる個人間融資掲示板があり、お金を借りたい人と貸してくれる人が掲示板を使ってWeb上でやりとりできるようです。

しかし、お金を貸してくれる人というのは実は闇金である場合が多く、掲示板でのお金の貸し借りはとても危険です。

一度連絡を取ってしまうと個人情報(携帯電話の連絡先など)が漏れ、悪徳業者からの電話が耐えず来るようになるなど被害情報が報告されています。

お金を貸して欲しいなら、大手金融機関が安心安全!

お金を貸して欲しいという方には、安心安全に借りれる大手金融機関を利用することをおすすめします。

なぜなら、最近流行っている個人間融資の場合には、法律で上限金利が年109.5%と定められていて、10万円借りた場合には最高9,000円の利息がかかってしまいます。

比較的金利が高いとされる消費者金融の場合でも、金利は年18%前後となっているので、掲示板でお金を貸してくれる人が見つかったとしても、高い利息を払わされる可能性は高いです。

また、利息なしで貸してくれる人もいるようですが、闇金や悪徳業者の可能性大!どこでお金を借りるのが良いのか、借入前にしっかり見極めるようにして下さい。

\今すぐお金を貸してくれる/
[PR]おすすめの借入先はこちら

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短3分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • 最短3分で融資も可能
    お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある18歳以上74歳以下の方ならお金が借りれます(※但し、収入が年金のみの方はお申込いただけません。)ただし、お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。また、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

本日中に借りるなら21時まで!
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%1万円~800万円最短20分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 申込から借入まで最短20分で完了(本日中に借りるなら21時まで)
    ※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、成人以上の学生(高校生を除く)や主婦でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 初回は最大30日間無利息
  • PC・スマホで今すぐ申し込みOK

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐ申し込みが可能。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」を用意してください。
顔写真がない書類の場合には「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要となります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

【返済について】
アコムは、契約時の借入限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。
たとえば、限度額50万円で10万円借りた場合、毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

\最短18分で融資OK/
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%1万円~800万円

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
  • 今日中に借りれる
    お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
  • はじめての方なら契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、満20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます(※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で審査基準を満たす方)

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

【貸付条件について】
■商号:アイフル株式会社
■登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
■貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
■遅延損害金:20.0%(実質年率)
■契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
■返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
■返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
■担保・連帯保証人:不要

まとめ

今すぐお金が必要な方のために、おすすめの大手消費者金融3社をご紹介しました。

銀行カードローンの方が金利が安いと言われていますが、3万円だけの借り入れであれば、大手消費者金融を利用した方がお得で早いのでおすすめです。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しアコム社・プロミス社・アイフル社から委託を受け広告収益を得て運営しています

お金貸してくれる所Q&A

こちらでは、お金を貸してくれる所をお探しの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

どこでお金を借りたらいいのか分からない、安心安全な借入先を探している、という方は、良ければこちらの情報を参考にしてみて下さい。

Q. 最近ネットでよく見かける「お金貸します掲示板」って、本当にお金貸してくれるんですか?

A.闇金や悪徳業者が貸す側となっていることが多く、便利ゆえに信用に欠けるところはあるようです。

インターネット上でお金の貸し借りができる「個人間融資」で大事なのはお互いの信用です。本当にお金を貸してくれたとしても、違法な利息を請求されたり、個人情報を悪用されたりすれば、それは犯罪となってしまいます。

また、はじめてお金を借りる方、借入審査が不安な方には、公式サイトにて気軽に仮診断を受けることができるのでおすすめです。

貸して欲しい側と貸す側の合意があっても法律上は違反になるので、お金を貸してくれるところは慎重に選ぶことをおすすめします。

Q. どうしてもお金が必要です。必ずお金貸してくれる所なんてありますか?

A.実際、誰にでもお金を貸してくれる所は存在します。

もしそこが「審査なし」「利息なし」で誰でも借りれる所なら、それは違法な悪徳業者かもしれません。誰でもお金が簡単に借りれるほど、世の中は甘くないという事です。

甘い誘い文句につられて気軽にお金を借りたら最後、取り返しのつかない事態になってしまうかもしれません。十分注意してください。

ちなみに、こちらでご紹介している大手消費者金融のプロミスアコムアイフルの場合、誰にでも必ずお金を貸してくれるわけではないですが、アイフルは満20歳以上でなおかつ安定した収入がある方であれば申込条件をクリアできます。パートやアルバイト、派遣社員や契約社員の方でも申し込める条件となっています。

Q. 無職でもお金貸してくれるところはありますか?

A.残念ながら闇金や悪徳業者以外では、無職の方への融資は行なっていません。

銀行カードローンや消費者金融のカードローンは、無職では借り入れすることができません。申込条件の一つとして「安定した収入があること」を条件としているからです。

特に消費者金融では、多重債務を防ぐ目的として借入額の上限が年収の3分の1以下と法律で決められています。収入のない無職の方の場合には、1円も借りられないという事になります。

お金の貸し借り基礎知識コラム

それほど使いすぎたつもりもないのに、クレジットカードの利用明細を見てその金額にびっくりしてしまいました。

いざ支払いをする段になって、困り果ててしまい、消費者金融のキャッシングでお金を借りてしまうという更なる負債の連鎖に足を踏み入れ、ショッピングとキャッシングの返済が支払い能力の限界をはるかに超えてしまったのです。

お給料どころか、すぐに退職して退職金すべてはたいて返済に充て、足りなければ夜も働きに出る位しなければいけないかと途方にくれていましたが、最終的には将来のことを考えて退職だけは回避し、両親を頼ることにしたのです。

数百万円と、実際自分の退職金ぐらいでは返済できないほど膨らんでしまいましたが、貯えていたお金をほとんど使わせてしまうことになりました。

これに懲りて二度と無茶なお金の使い方をしないよう散々お説教をされた後、借用書と誓約書を書いて誠意を示し、会社を退職せずに済んだので、返済をしながらでもきちんと暮らしてゆくことが出来ます。

最近のキャッシングは時が経つに従って便利さが増していて、スマホから24時間いつでも気軽に借り入れできるので、人気が出ています。

お店に出向かずとも、スマートフォンがあれば場所を選ばず申込みが可能です。

Web審査も短時間で完了しますし、契約手続きもすべてスマホ1台のみで可能なのです。

短い期間で小口の融資を実行することをキャッシングといったような事に対し、長い期間で大口の融資を実行することをカードローンといった風な所が違うと一般的に言われています。

ですから、使用するときは覚えておきたいキャッシングの世間的な決まり事として返済方法は翌月の決められた日に一括で払う事になりますが、カードローンですと、長期的な返済の方法、リボ払いとなります。

ですから、金利の方は一般的に見てカードローンの場合は高くなりがちです。

ご存知のように、本人確認できる書類を準備するだけでキャッシングの利用手続きを行えますが、希望する融資の額が大きいケースや、個人事業主など、給与所得者でない方は、本人確認書類と共に、収入証明書の準備が必要になります。

具体的にどのようなものかというと、会社員などは会社から配布される源泉徴収票を用意しましょう。

給与所得者でない場合は、確定申告書(提出印アリ)の控えや課税証明書などを使ってください。

最近は短時間で審査が済みますが、まったく審査なしでお金を借りることは99.9999%できないと思ってください。

普通の会社なら、担保や本人要件を審査した後に、信用に基づいた融資をしています。

審査なしで融資するような会社は法定金利を超えていたり、違法な行為を要求してくることを疑ってかかったほうが良いでしょう。

もし審査にこだわるのなら、審査基準が低い会社に申し込むのも手だと思います。

楽天カードローンは新しいので利用者獲得のために審査がゆるめだと言われています。

新しくても名前が知れた会社ですし、とりあえず申し込んでみて、様子を見るのも良いかもしれません。

キャッシングで早く簡単にお金を借りる方法は、パソコンやスマホでネット手続きをするのが良いです。

店頭に出向く必要もなく、自宅などでのんびりしながら年がら年中いつでも申込みできて簡単です。

web審査も素早くて約1時間程度で結果がわかるので、迅速に契約手続きをすることができます。

運転免許証さえあれば、簡単に融資を受けられるのがキャッシングで、その利便性から利用者が増えているようです。

近年ではオンラインに対応したキャッシングサービスや、コンビニATMと提携した業者も増えています。

このように気軽に手続きをして融資を受けられるので、意外と多くの人が利用しています。

例えば、銀行融資の場合は複数の書類を揃えたり保証人を用意しなければなりませんが、キャッシングではその必要もないですし、どう運用してもかまいません。

そのため、他人からお金を借りるより良いと思う人も少なくありません。

ですが、あまりに簡単に融資を受けられるので、あくまで借金であって、返済義務があることを肝に銘じて活用しましょう。

キャッシングとカードローンは同様にATMで借入可能なので違いがよく分からないですが、お金の返し方が異なっているのです。

キャッシングは一括払いがスタンダードで、カードローンは分割払いが当たり前とされています。

ですが、ここ最近ではキャッシングでも分割やリボ払いの利用ができるところもありますので、しっかりとした区別が少しずつ減ってきています。

企業の中での派遣社員は日頃から格差が身にしみているので、お金を借りようと思っても不安が付きまといますね。

何か問題がありそうですが、実際は違います。

長期に亘る返済が前提のカードローンまでもが、どこの金融会社であっても格別な条件を突きつけられるでもなく、貸し付けが実行されます。

驚いたことに、派遣社員ばかりか以前は日雇い的不安定さが原因で行なっていなかったはずのアルバイトにもお金を貸し始めたというのですから驚きです。

アルバイトはいつまでもそのままとは限りません。

お金が要る時には、損はしないので、借金にチャレンジしてみたら如何でしょう。

カードローンやキャッシングでお金を借りるのは、ほかにお金を用意する方法がないときだと思っています。

物品ならクレカで買えますし、お金(利息)を払ってお金(融資)を得るのは相当な理由が必要なのではないでしょうか。

借金と車の運転には性格が出ると言いますが、毎月返済する分だけ生活が苦しくなるわけで、「計画的」に返すのではなく、「機械的」に借りて返してのループにはまる危険性もあります。

大事なのは、自己管理かもしれません。

使いみちを決めたら再検討し、自分で用意できる額を用意してから最小限の金額だけを借りるようにすると、あとで後悔することもないでしょう。

お役立ち情報

\お金を貸してくれる所なら/
[PR]即日融資NO.1のプロミス

安心の低金利
最短3分の即日融資
↓ ↓ ↓
240×120スマートフォン用
>>プロミス公式へ<<
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

今すぐお金貸して欲しいなら↓

最短1時間